eFAXの評判はあまり良くないようだけど大丈夫なんでしょうか?

eFAXについてインターネットで調べていると、いろんな評価がされているはずです。

良いことが書かれていることもあれば、酷評されていることもあります。

eFAXの良いところ、悪いところ、包み隠さずにお話します。

実際のところ、良いところもあれば、悪いところもあります。

公式サイトでは悪いところは包み隠されたりするものですが、ここでは悪いところも分かりやすくお話しようと思います。

良いところ。

まずは良いところです。

選べる市外局番の数が「抜群」に多い。

なんといっても、これです。

選べる市外局番の数が抜群に多いです。

これは、他のインターネットFAXサービスとは比較になりません。

eFAXでしか選べない市外局番というのは相当に多いです。

57都市の市外局番の中から選べます。

eFAXでは日本全国57都市の市外局番を網羅しています。

すべての市外局番を選べるわけではないのですが、ほぼすべてと言ってもいいかもしれません。

例えば、「04」単独の市外局番は選ぶことができないのですが、「042」「043」「044」「045」「047」「048」は選ぶことができるので、その中から選べば問題はありません。

メールのようにFAXを送受信できます。

eFAXに限ったことではないのですが、FAXをまるでメールのように扱うことができます。

FAXが送信されてきたら、PDFデータとしてメールに添付されて、あなたのメールボックスに届きます。

そして、FAX送信したいときは、メールにPDFデータを添付して送信すれば、相手のFAX機に届きます。

FAX機が不要になります。

悪いところ。

次に、悪いところです。

FAXの送信に時間がかかることがある。

FAXの送信に時間がかかることがあるところです。

eFAXの公式サイトには、最大15分ほどかかることがあると記載されています。

FAX送信ってだいたい1分以内に終わることが多いです。

FAXは通信規格によって通信スピードも変わってくるのですが、もっとも通信スピードが遅いG3規格であっても、A4サイズを1枚送信するのにかかる時間は約30秒ほどです。

参考:「G3」「スーパーG3」「G4」とは?【FAX通信規格】

ロサンゼルスから国際FAX送信されています。

eFAXではアメリカのロサンゼルスからFAXが送信されています。

「え?」って思うかもしれません。

でも、そうなんです。

このことは公式サイトにもハッキリとは記載されていません。

隠されている部分ですね。

メールにPDFデータを添付して送信すると、そのメールはロサンゼルスにあるサーバーに届きます。

そして、そこから日本に向かって国際FAX送信されます。

だから、送信に時間がかかることがあるし、相手のFAX番号に国番号もつける必要があるんですね。

参考:eFAXでFAX送信するときに、国番号が必要になるのはなぜ?

0120にはFAX送信できません。

ロサンゼルスからの国際FAX送信になるため、0120からはじまるフリーダイヤルのFAX番号には送信することができません。

送信料は1枚10円ではなく、1分10円です。

eFAXの公式サイトにはFAX送信料は1枚10円との記載があります。

でも、小さく但し書きがついています。

60秒ごとに1ページとしてカウントされますという記載です。

つまりは、実質は1枚10円なのではなくて、1分10円なんですね。

送信に2分かかったとすると、1枚20円の送信料がかかることになります。

参考:eFAXでは、1枚の送信に5分かかったら、5枚送信したことになる?

解約方法は電話のみです。

eFAXはWeb上から解約することができません。

解約するには電話をするしかありません。

解約のための電話って面倒なことが多いですよね。

なかなか電話が繋がらなかったり、なかなか担当者に繋がらなかったり。

Web上から解約申込できるインターネットFAXサービスが多い中、電話でしか解約申込できないのはeFAXの悪いところかもしれません。

参考:eFAXは電話でしか解約申込ができない?

月額料金1500円は決して高くはないです。

月額料金は1500円なのですが、それは決して高くはないと思います。

人によっては悪いところと感じるかもしれませんが、決してそんなことはありません。

150枚のFAX送信料込みです。

eFAXは月150枚までのFAXの送信と受信は無料です。

FAX受信は無料というところが多いので、特にメリットというわけでもないのですが、150枚までのFAX送信が無料というのは大きなメリットだと思います。

1枚の送信に2分かかったとしても、実質の月額料金は750円。

先程もお話したように、eFAXは1枚10円とは言えません。

送信に2分かかると1枚20円になってしまいます。

でも、すべての送信で1枚2分かかったとしても、75枚分のFAX送信料は無料になります。

1枚10円だと考えると、750円分は無料ということですね。

つまりは、実質の月額料金は1500円から送料無料分を引いた750円と考えることもできます。

月額料金が750円というのは、他のインターネットFAXサービスと比べても決して高くはありません。

むしろ、安い部類にはいります。

参考:eFAX(イーファックス)の解説ページ
参考:インターネットFAXサービス徹底比較

投稿者プロフィール

山下直継
山下直継ライター
モノゴトを効率的にしていくことに喜びを覚えるミニマリスト。仕事に必要なものから、日々の生活に関わるものまで、なるべく持ち物は少なくするのが信条です。毎日同じような服を着て仕事をしています。

どのインターネットFAXサービスを選べばいいのか、明確に分かります。

インターネットFAXサービスを提供している会社は1つや2つではありません。

約10ほどの会社がインターネットFAXサービスを提供しています。

インターネットFAXを利用してみたいけど、どのサービスを選べばいいのか迷うという人も多いと思います。

あなたはどうでしょうか?

そこで、特に厳選した5社をピックアップして、インターネットFAXサービスを徹底比較しました。

初期費用、月額基本料金はもちろん、使えるFAX番号(050や市外局番)、受信料、送信料、送受信可能なFAXのサイズ、送信可能なファイル形式(Word、Excelなど)、支払方法、海外への送信可能かどうか、などを徹底比較しました。

どこのインターネットFAXサービスを選べばいいのかが、明確に分かります。