最終更新日:2018年5月19日

秒速FAX公式サイトはこちら

月額利用料は498円から。

秒速FAXの月額利用料は、インターネットFAXサービスの中でも最安です。

なんと、月額498円から利用可能です。

だいたい、インターネットFAXサービスは月額1000円前後のところが多いのですが、秒速FAXの場合はなんと、その半額の498円から利用することができます。

なるべく、インターネットFAXサービスにかかる固定維持費を安くしたいという人にとってはかなり魅力的なのではないかなと思います。

ただし、1枚からFAX受信料がかかります。1枚8円。

月額498円から利用可能の秒速FAXですが、月額498円のSOHOプランを選ぶと、ファックスの受信は1枚から有料となります。

1枚あたり8円かかります。

月額1000円ほどのインターネットFAXサービスの場合、FAXの受信は無料だったり、月に150枚までは無料だったりするのですが、秒速FAXの月額498円のSOHOプランの場合は、1枚の受信から有料になります。

月額利用料の安さを考えれば仕方ないともいえると思いますが。

ちなみに、秒速FAXは月額498円のSOHOプランの他に2つのプランがあります。

ベーシックプランとビジネスプランの2つです。

ベーシックプランの方は、月額798円で、FAXの受信料が1枚あたり3円。

ビジネスプランの方は、月額980円で、FAXの受信料は無料になっています。

FAX送信は1枚10円。

秒速FAXのユニークなところは、FAXの送信と受信で、サービスが分かれている点です。

FAX送信するだけであれば、実は月額利用料すら必要ありません。

秒速FAX送信」というサービスで、1枚あたり10円を支払うことで、誰でも利用可能です。

月額の基本使用料というのがないんですね。

FAXを受信したいときだけ、月額利用料が発生する「秒速FAXプラス」というサービスに申し込むようなカタチになっています。

でも、インターネットFAXサービスを利用したい人というのは、受信できるFAX番号が欲しい人ですよね。

なので、実質は「秒速FAX送信」と「秒速FAXプラス」はセットとも言えるのではないかなと思います。

カタチだけFAX番号を持っておきたいという人向け?

インターネットFAXサービスが気になっているけれども、実際のところは月に1枚もFAXを送信も受信もしないだろうという人もいると思います。

念の為に名刺に記載しておきたいとか、Webサイトに記載しておきたいという保険的な使い方を想定している人ですね。

そういった人には、秒速FAXは最適なサービスだと思います。

なんといっても、月額利用料を498円に抑えることができます。

FAXの送受信を1枚もしないのであれば、1年でかかるインターネットFAXサービスの維持費は5976円です。

かなり魅力的なのではないでしょうか。

選べるFAX番号は東京03を含む8種類。

秒速FAXの魅力的なところは月額利用料の安さだけではありません。

なんと、050のFAX番号だけではなくて、市外局番から選ぶことも可能です。

東京03も選べるようになっています。

秒速FAXでは合計8種類のFAX番号が用意されていて、050と03の他には、埼玉048、千葉043、神奈川県川崎市044、神奈川県横浜市045、名古屋052、大阪06の中から選ぶことができます。

日本全国の市外局番を網羅しているわけではないのですが、該当する市外局番に住んでいる人であれば、月額498円で、市外局番から始まるFAX番号を取得することが可能です。

今使っているFAX番号をナンバーポータビリティーすることも可能。

秒速FAXでは、今使っているFAX番号をナンバーポータビリティーすることも可能です。

今使っているFAX番号を維持したままインターネットFAXを利用しようとする場合、多くは転送電話サービスを利用して、インターネットFAXサービスで取得したFAX番号に転送するのですが、秒速FAXの場合は、ナンバーポータビリティーしてしまうことが可能です。

事務手数料として8980円かかりますが、ずっと転送電話サービス代の月額500円がかかることを考えれば、ナンバーポータビリティーしてしまったほうがお得になるかもしれません。

秒速FAX公式サイトはこちら

インターネットFAXサービスを、わかりやすく比較しました。

インターネットFAXサービスを提供している会社は1つや2つではありません。

約10ほどの会社がインターネットFAXサービスを提供しています。

その中から、特にオススメなインターネットFAXサービスを選んで、初期費用や月額利用料、使えるFAX番号の種類などを比較した表を作成しました。

ぜひ、インターネットFAXサービス選びの参考にしてみてください。